2018年春の南米の旅 まとめ っていきなりまとめかい(^^;)

 

どうもどうも、もうこうなったら長い間、更新せず

大変申し訳ございませんってレベルでは無いですね。。。

前回の記事って確か3月下旬くらい?

とつぜんですが、これから旅立ちます

これ以来ですね(^^♪ もうね、ブログ書くのが面倒になって(^^;)

 

実はもうブログを辞めようかと本気で考えてました。

だって更新するのもそうだけど、やっぱり記事書いて

写真を添付、その他諸々 ブログを開設してる方なら

ご存知でしょうが本当に大変です。好きじゃなきゃ

出来ませんって(^^;)

 

ただ2013年の春から実に5年以上何だかんだと続けている

ブログをそう簡単にやめるのは勿体無い気がします・

今後はいつ記事を更新するかは未定ですが

折角なのでブログを辞めたり今までの記事を破棄するのだけは

止めておきます・せっかくだから続けます←(取っておきます?)

 

 

 

さてさて本題の春の旅ですが、もうとっくに半年以上も日時が

経過しております。今更ながらまとめさせていただきました・

ちなみに訪れた国は南米のペルーとブラジルでございます。

 

訪れたのは4月上旬頃ですので本当に月日が経つのは早い!

旅程はペルーの首都であるリマ インの サンパウロ アウトでした。

写真中心ですがご覧ください。

 

f:id:doragon2018:20181127004637j:plain

リマ市街のアルマス広場です。ここがヘソですね

f:id:doragon2018:20181127004753j:plain

 

f:id:doragon2018:20181127004843j:plain

リマはスペイン時代の建築が多く。っていうか南米の都市がどこも

その様な建築様式ではありますが、、、町も碁盤の目になって歩き回りやすい

町の構造となっております。4月は夏なので湿気が殆どないとはいえ暑いなあ(^^;)

 

f:id:doragon2018:20181127005057j:plain

暑いからカットスイカがまいうーですね(^^♪ お値段1ソル、34円なり

 

リマの後はペルー第2の都市である北部のトルヒーヨまで夜行バスで向かいました。

バスが結構立派で簡単な夜食や飲み物が出て可愛いバスガイドさんが

英語で世話を焼いてくれました。ちなみにチケットはオンラインで

クレカ払い!ジャスト50ソル、1680円でしたから定価はもう少しするでしょう。

スマホってこういう時便利ですね^^でもSNSやネットは程々にがモットーです。

ちなみにサイトはスペイン語だけでなく英語表記も有りました。

 

トルヒーヨの宿の人達フレンドリーだけでなく名古屋と豊橋に行った事が

有るらしく友達、トモダチって連呼してくれました(笑) 町もよりコロニアルで

リマ以上に気に入りました。ただ、たまたま乗合ワゴンで乗り合わせた英語が堪能な

お姉さんに下車時に、中心は離れないでね。。ちょっと危険だからと言われたので

リマ同様に注意が必要かもしれません。実際にちょっとごちゃごちゃした

下町を訪れたら何か雰囲気があまりよろしくありませんでしたから。

これからトルヒーヨ訪れる方はなるべく中心に近い場所に宿をとり

行動したほうが良いでしょう。っと言うか下町に見所は無かったし(^^;)

 

f:id:doragon2018:20181127005247j:plain

こちらは北部トルヒーヨ市郊外にあるワンチャコ遺跡の帰り道

f:id:doragon2018:20181127005451j:plain

このカヤック?最初に発明されたサーフィンの原型とか?ワンチャコ海岸より

 

海岸沿いのカヤック?や港町の雰囲気、そして有名なワンチャコ遺跡と

北部の都市トルヒーヨは意外とおススメかも?

ただ王道のナスカやマチュピチュは完全に反対方向なので時間が無い方は

かなり訪れるのは時間的にキツイかもしれません。 

 

f:id:doragon2018:20181127010802j:plain

トルヒーヨの次に訪れた北中部の町、カハルマカ!旧市街素晴らしいですね(^^♪

f:id:doragon2018:20181127010837j:plain

f:id:doragon2018:20181127011135j:plain

   夜景もロマンティック?中央上部の十字架の丘から市街を見下ろせます。

f:id:doragon2018:20181127011215j:plain

BIFTEK MENU ビフテキって死語だけど何か良いっすね^^  まいうーです(^^♪                         ちなみにこのステーキ定食、この旅最安値のたったの4ソル、135円でした。

トルヒーヨの次に訪れたのが北中部の町、カハルマカ

同じく夜行バスで移動も前回のリマからのバスより数段グレードダウン( ;∀;)

水すら出なかったけどたったの29ソ―レス。970円くらいだから十分かな^^

ある意味、ここカハルマカが一番お気に入りだったでしょうか?

上記写真の通りによりコロニアルな街並みが印象深く、人も素朴な感じが

良かったですね^^ 何か祭りもやっていて セニョールはチーノ中国?コリアーナ?

なんて興味津々に聞かれたりして(^^♪

 

f:id:doragon2018:20181127222755j:plain

何のお祭りかな?この時に日本酒そっくりの米酒をふるまってくれました。     飲んだらシャックリがその後止まらず( ;∀;)

 

f:id:doragon2018:20181127220129j:plain

カハルマカの次に訪れたクエラップ遺跡!第二のマチュピチュとも言われてるそう

f:id:doragon2018:20181127222346j:plain

この遺跡は中々穴場では?その日の夜泊まったチャチャポヤから日帰りツアーで訪れる

のが一般的ですが、カハルマカからの道中にあるので最寄りのレイメバンバという  

小さな村に昨晩は一泊しました。カハルマカからの道中色々あり、結局夜中11時過ぎに

レイメバンバ到着!翌朝は乗合ワゴンが早朝発しか無いので6時半にクエラップ遺跡へ

向けて出発!最寄りの降り場から徒歩で5時間半もかかりました\(^o^)/キツイっす!

でもそれだけの価値はありました。ちなみにロープウェイも有るので時間が無い方は

そちらでどうぞ(笑)確か片道20ソーレス、670円くらい?日本と殆ど変わりない値段?

 

f:id:doragon2018:20181127222636j:plain

いよいよアマゾン地域到着!タラポトの街並み トウクトウクがタイよりデカい(^^;)

f:id:doragon2018:20181127222700j:plain

夜になっても暑さが和らげず?何かタイやカンボジアみたい^^

f:id:doragon2018:20181127222723j:plain

タラポトの市場で食べた夕食、タンパギという魚定食5ソーレス、167円       タンパクであっさりとした味わいです。アマゾンに来たぞって実家が湧きますね^^ 奥にあるマラクージャ、パッションフルーツのジュースもまいうーですね(^^♪

 

さてさて、クエラップ遺跡を堪能した後はチャチャポヤまでその日の夜に行き一泊!

翌日の昼にいよいよアマゾン地域最初の町であるタラポトへ向けて出発しました;

タラポトまで8時間かかると聞いたけど、乗合ワゴンもガンガンスピード出してくれ、

12時前に出発して18時半にはタラポトのターミナルに到着!タラポトへ来る前からの

道中すでに気候はアマゾンというか東南アジア的な熱帯低気圧になりましたね。

f:id:doragon2018:20181127225021j:plain

タラポト中心部の公園です!ファン部屋だったので昨晩は暑くて寝付けなかった( ;∀;)

 

実はこれから訪れるユリマグアスというアマゾン川の支流が有る町に行く前に

情報を入れるべく昨晩、上記写真の公園近くの代理店で情報収集に勤しんでました。

つたない英語で仕入れた情報によるとユリマグアスからアマゾン地域最大の町である

イキトスまで船で2泊3日で100ソーレス、3350円で食事付き!ただし食器やスプーン、

フォークとハンモックは必ず持参!水も持参要!なかなかに面倒ですね(^^;)

ちなみにスピードボートは約150ソーレス、 約5000円! 

出来れば普通の船で行きたいけど、やはり現地ユリマグアスで情報収集せねば、、、

 

そして翌日市場とか少し冷かしてから昨日チャチャポヤから着いたバスターミナルへ

向かいすぐにユリマグアス行きの乗合ワゴンゲット!料金は10ソーレス、335円!

途中凄いどでかい滝を遠目ながら見る事が出来ました。どうやら有名な滝らしく

結構観光客がいましたね。行けば良かったかな? そして約3時間でいよいよ

ユリマグアス到着!到着早々客引きがうじゃーって(^^;)まさに東南アジア&インド状態

何だよココ(笑) でも結局はさっきまでタラポトからの乗合ワゴンに乗ってた

イキトスへ行くと言うお兄さんと一緒にトウクトウクに乗って船着き場へ!

中々にアマゾンちっくな村ですねユリマグアスって場所は!!

 

とりあえずゲットした情報に寄ればやはり普通船は100ソーレスでスピードボートは

140ソーレス!ただし、普通船はどうも荷物は積みこんでいるけど確実性が

無いらしく、恐らくは明日の夕方に出発するだろう?っという曖昧な返事(^^;)

結局客引きのお兄さんに任せる感じで130ソーレスと少しディスカウントして

もらいました。夜中22時半出発で行先はイキトスではなく100キロ手前の

ナウタという港町です。ナウタからならワゴン車でイキトスまで3時間弱で陸続きで

行けるから皆ナタウで降りるのでしょう。ただ元々ナウタには一泊する予定でしたので

直でイキトス行くのでは味気ないので好都合でした。

 

f:id:doragon2018:20181127230025j:plain

ユリマグアスで食べたベーコン定食?5ソーレス、約170円弱!ウーン?         ちょっと物足りない&肉がしょっぱいかな?魚にすればよかったかも(^^;)

 

遅いランチは上記写真の通り・ちょっとベーコンしょっぱいかな?

ちなみにこの町で初めてカムカムドリンクを飲みました。カムカムご存知でしょうか?

確かカゴメだかポッカだかがアマゾン川になるカムカムの実をジュースにして

日本で一時期販売してました。現地アマゾン地域の人もカムカムなんて雑草程度に

しか思ってなかったみたいだけど、実はビタミン豊富なスーパーフルーツという事に

気が付いて、ついには現地人も市場とかでジュースを売る様に!!!

やりますね日本メーカーも^^ちなみにタイ辺りでよく見かける屋台の上に乗っかてる

水槽みたいなジュース入れ!その中のピンクな飲物見て、ひょっとしたらと思い   

ケ エス エスト?これ何?って聞いたらカムカムだよって!一杯1ソル、34円

早速トライしました。お味は?ちょっとドロドロしてるけどサッパリした味わいです。

思ったより酸味はないのでアセロラとはまた違うかな?

 

だいぶ長文になってしまいました。次回はユリマグアスからナウタに向けての

ボートに乗船した事やナウタの街並み、イキトス情報、そしてその後は

いよいよブラジル、コロンビア、ペルーの三か国国境地帯へのレポートを

お送りいたします。やっぱりラテン諸国って治安面で問題あるけど

アジアとは違い良いですね(^^♪ 人も最高だし、お金の面でギスギスしておらず

親日的な人も非常に多いし、スペイン語が簡単な会話とは言え出来るのも大きいです

 

それではまた^^  つづく\(^o^)/